コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボパールの有毒ガス流出事故

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ボパールの有毒ガス流出事故

84年12月、殺虫剤を生産していた米ユニオン・カーバイド社のインド子会社工場から、有毒ガスが漏れ出した。緊急事態に備えた安全装置が機能せず、「コスト削減」が影響したとも言われている。ユニオン社は01年にダウ・ケミカルが買収している。

(2010-07-18 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android