コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボパールの有毒ガス流出事故

1件 の用語解説(ボパールの有毒ガス流出事故の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ボパールの有毒ガス流出事故

84年12月、殺虫剤を生産していた米ユニオン・カーバイド社のインド子会社工場から、有毒ガスが漏れ出した。緊急事態に備えた安全装置が機能せず、「コスト削減」が影響したとも言われている。ユニオン社は01年にダウ・ケミカルが買収している。

(2010-07-18 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボパールの有毒ガス流出事故の関連キーワード殺虫剤農薬石油乳剤産油抗コリンエステラーゼ殺虫剤細菌性殺虫剤微生物殺虫剤有機塩素殺虫剤

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone