コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボボルイキン ボボルイキンBoborykin, Pëtr Dmitrievich

2件 の用語解説(ボボルイキンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボボルイキン
ボボルイキン
Boborykin, Pëtr Dmitrievich

[生]1836.8.27. ノブゴロド
[没]1921.8.12.
ロシア自然主義作家。雑誌『読書文庫』『ヨーロッパ通報』などの編集にたずさわった。代表作『峠』 Pereval (1894) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボボルイキン
ぼぼるいきん
Пётр Дмитриевич Боборыкин Pyotr Dmitrievich Boborkin
(1836―1921)

ロシアの小説家、ジャーナリストカザン大学、デルプト大学に学ぶ。代表作は長編『敏腕家』(1872~73)、『キタイ・ゴーロド』(1882)、『ワシーリー・チョールキン』(1892)、『峠』(1894)。ロシア自然主義の代表的作家で、ほかにメモワール『回想――半世紀』(1929)がある。[佐々木彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ボボルイキンの関連キーワード郡内騒動天保の飢饉ニコライ森次左衛門渡辺政香薩埵徳軒化政文化テキサス併合浜田藩カトリーナ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone