コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボランティア駅伝

1件 の用語解説(ボランティア駅伝の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ボランティア駅伝

神奈川大が震災翌月の11年4月に始めた被災地ボランティア。大学がバスをチャーターし、4~5日の日程で現地に行く。当初は岩手県遠野市を拠点とし、昨年からは陸前高田市が中心だ。箱根駅伝にちなみ、息の長い支援を続ける意味を込めて命名した。2月末までにバスを153本出し、2700人が参加。のべ人数は1万2千人以上という。バス代やボランティア保険料は大学が負担し、学生の負担は食費程度で済む。

(2014-03-04 朝日新聞 朝刊 神奈川全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボランティア駅伝の関連キーワード神奈川大学翌翌月山本文緒南神奈川と北神奈川震災後の出国神奈川県横浜市神奈川区神奈川神奈川県横浜市神奈川区神奈川本町神奈川県横浜市神奈川区台町神奈川県横浜市神奈川区西神奈川神奈川県横浜市神奈川区東神奈川

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボランティア駅伝の関連情報