コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボリンジャーバンド(Bollinger Bands)

外国為替用語集の解説

ボリンジャーバンド(Bollinger Bands)

一般には標準偏差帯と訳される。移動平均線の上下に同期間に於ける標準偏差(又はその整数倍)のラインを引き、価格の大半がこの中に収まるという統計学の理論を応用、ボラティリティや現在の価格水準の高低を考える際に利用される。「平均値±標準偏差」内にデータが入る確率は約68%、「平均値±標準偏差の2倍」内にデータが入る確率は約95%、「平均値±標準偏差の3倍」内にデータが入る確率は約98%。この範囲外は統計学上の異常値である為、買い場・売り場となるのが一般的。支持線・抵抗線としての利用方法もある。

出典 (株)マネーパートナーズ外国為替用語集について 情報