コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボリンジャーバンド(Bollinger Bands)

1件 の用語解説(ボリンジャーバンド(Bollinger Bands)の意味・用語解説を検索)

外国為替用語集の解説

ボリンジャーバンド(Bollinger Bands)

一般には標準偏差帯と訳される。移動平均線の上下に同期間に於ける標準偏差(又はその整数倍)のラインを引き、価格の大半がこの中に収まるという統計学の理論を応用、ボラティリティや現在の価格水準の高低を考える際に利用される。「平均値±標準偏差」内にデータが入る確率は約68%、「平均値±標準偏差の2倍」内にデータが入る確率は約95%、「平均値±標準偏差の3倍」内にデータが入る確率は約98%。この範囲外は統計学上の異常値である為、買い場・売り場となるのが一般的。支持線・抵抗線としての利用方法もある。

出典|(株)マネーパートナーズ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボリンジャーバンド(Bollinger Bands)の関連キーワード移動平均線標準誤差標準偏差偏差値散布度移動平均移動平均乖離率グランビルの法則MACDゴールデンクロス・デッドクロス

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone