コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボルガ・ウラル油田 ボルガウラルゆでんVolga‐Ural

世界大百科事典 第2版の解説

ボルガウラルゆでん【ボルガ・ウラル油田 Volga‐Ural】

ロシア南西部にあり,同国最大級の油田群。ウラル・ボルガ油田ともいう。ただし,これらの名称は単一の油田に与えられたものではなく,日本の国土面積の約2倍もある70万km2にわたる石油埋蔵地域の総称である。この地域の中の各地に個々の油井グループが散在する。もともと西はボルガ川,東はウラル山脈のすそ野で限られた地域であったが,現在では新しい油井がボルガ川のはるか西方でも開発されつつあり,範囲はさらに拡大している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ボルガ・ウラル油田の関連キーワードオクチャブリスキーウラル・ボルガ油田タタールスタン第二バクー油田ステルリタマク第二バクーサラトフシズラニ

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android