コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボルゲーゼ公園 ボルゲーゼコウエン

デジタル大辞泉の解説

ボルゲーゼ‐こうえん〔‐コウヱン〕【ボルゲーゼ公園】

Villa Borghese》イタリアの首都ローマにある公園。ローマ教皇パウルス5世を輩出したシエナ出身の貴族、ボルゲーゼ家の別荘および庭園だった所で、17世紀に枢機卿(すうききょう)シピオーネ=ボルゲーゼの命によりフランスの建築家ファン=ザイスの設計で造られた。面積0.06平方キロメートルの敷地に、ボルゲーゼ美術館、国立近代美術館、ビラジュリア博物館、動物園、乗馬場などがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボルゲーゼ公園
ぼるげーぜこうえん
Villa Borghese

イタリアの首都ローマの代表的な公園。教皇パウルス5世の甥(おい)シピオーネ・ボルゲーゼ枢機卿(すうききょう)が17世紀末に建てた邸宅に付随してつくられた広大な庭園。ボルゲーゼ家は13世紀から続くトスカナ地方シエナの名門で、16世紀中葉ローマに居を移した。邸宅は現在、公園内のボルゲーゼ美術館となっており、シピオーネの収集品を中心とするベルニーニ、ラファエッロ、ボッティチェッリ、カラバッジョなどの作品を収蔵し、そのコレクションはバチカン美術館に次ぐ。とくに、ボルゲーゼ家の1人と結婚したナポレオン1世の妹ポリーヌをモデルとする、18世紀、カノーバ作の大理石彫刻は有名。公園北西に国立近代美術館がある。北西奥には教皇ユリウス3世(在位1550~55)の別荘であったビラ・ジュリア美術館(エトルスク美術館ともよばれる)がある。公園西端のピンチョの丘は19世紀初頭ジュゼッペ・バラディエール設計で公園化されたもので、市街の眺望がよく、その名称は6世紀この地に別荘をもっていたピンチ家に由来する。[藤澤房俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ボルゲーゼ公園の関連キーワードビットリオ・ベネト通りビラ・ジュリア美術館ピンチョの丘ローマ(市)ローマの松ポポロ広場

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボルゲーゼ公園の関連情報