コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボルタ[川] La Volta

世界大百科事典 第2版の解説

ボルタ[川]【La Volta】

アフリカ西部の川。主としてブルキナファソ(旧オートボルタ)に源を発し,ガーナを貫流してギニア湾に注ぐ。長さ約1600km。流域面積約40万km2。上流はそれぞれボルタ・ノアール(黒ボルタ),ボルタ・ブランシュ(白ボルタ),ボルタ・ルージュ(赤ボルタ)と呼ばれる支流河川からなる。ボルタ・ノアールはオートボルタ南西部の丘陵に源を発し,まず北東方向に流れ,クーリ付近で流れを南東方向に変え,さらに南に流路を変えてコートジボアールとガーナの国境をなし,ガーナ中部で東に向かい,ボルタ・ブランシュと合流する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ボルタ[川]の関連キーワードボルタ・ブランシュ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android