ボルタ[川](英語表記)La Volta

世界大百科事典 第2版の解説

ボルタ[川]【La Volta】

アフリカ西部の川。主としてブルキナファソ(旧オートボルタ)に源を発し,ガーナを貫流してギニア湾に注ぐ。長さ約1600km。流域面積約40万km2。上流はそれぞれボルタ・ノアール(黒ボルタ),ボルタ・ブランシュ(白ボルタ),ボルタ・ルージュ(赤ボルタ)と呼ばれる支流河川からなる。ボルタ・ノアールはオートボルタ南西部の丘陵に源を発し,まず北東方向に流れ,クーリ付近で流れを南東方向に変え,さらに南に流路を変えてコートジボアールとガーナの国境をなし,ガーナ中部で東に向かい,ボルタ・ブランシュと合流する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android