ボルタラ(博爾塔拉)自治州(読み)ボルタラ(英語表記)Bortala

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボルタラ(博爾塔拉)〔自治州〕
ボルタラ
Bortala

中国西北地方,シンチヤン (新疆) ウイグル (維吾爾) 自治区北西部,カザフスタンと国境を接する自治州。テンシャン (天山) 山脈のボロホロ (婆羅科努) 山脈北麓,ボルタラ川の流域にあたる。行政中心地のあるボルタラ市ほか2県から成る。河岸の農地ではコムギアブラナが栽培され,また周辺の牧野ではヒツジ,ウシ,ウマの放牧が盛んである。東部のジン県ではワタも栽培され,モリブデンの埋蔵がある。エビノール (艾比諾爾) 湖には3億tに上るといわれる塩が堆積する。人口 32万 8005 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android