ボルロメオ(読み)ぼるろめお(英語表記)Carlo Borromeo

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボルロメオ
ぼるろめお
Carlo Borromeo
(1538―1584)

イタリアの反宗教改革の指導者の一人。北イタリアのアロナの貴族の家に生まれ、12歳で聖職録を得、1552年からパビアで法学を学んだ。59年伯父である教皇ピウス4世に招かれてローマに行き、翌年22歳で枢機卿(すうききょう)兼ミラノ大司教となり、トレント公会議(第三会期、1562~63)では重要な役割を演じた。イエズス会を保護し、聖職者の教育、年少者の教化、病人・貧窮者の救済などに大きな努力を払った。[今野國雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android