コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボロジノ Borodino

世界大百科事典 第2版の解説

ボロジノ【Borodino】

ロシア連邦西部,モスクワの西方124kmの村。1812年のナポレオンモスクワ遠征の際の最大の激戦地であり,また第2次世界大戦中(1941年10月)の激戦地の一つ。ナポレオンがみずからいう〈生涯最大の戦闘〉は1812年9月5日から8日までここで行われた。苛烈な戦いの後,ロシア軍はモスクワへ後退したため,ナポレオン軍の勝利とも見られるが,大局的見地に立つとき,これ以後ロシア軍がかえって優位に立ったといえる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ボロジノの関連キーワード東シベリア太平洋パイプライン計画東シベリア太平洋パイプラインナポレオン戦争史(年表)ハマタイゲキ(浜大戟)ミロラドビッチボロジノの戦いバグラチオーン南大東(村)ベリンスキー北大東(村)モスクワ州ベニヒセン戦争と平和ロシア建築ボロジノダブーネー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android