コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボロラン岩 ボロランがんborolanite

1件 の用語解説(ボロラン岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

ボロラン岩

メラナイト黒雲母ネフェリン閃長岩.顕晶質の火成岩で,基本的には正長石とメラナイト石榴(ざくろ)石からなり,ネフェリン,黒雲母,輝石を伴う.正長石とネフェリンの球状または楕円状の集合体が斑晶状になった特徴がある.ネフェリン閃長岩で10%以上のメラナイトを含む岩石である[Höne & Teall : 1892].英国スコットランドサザーランドシャー(Sutherlandshire),アシント(Assynt)地方のロッホ・ボロラン(Loch Borolan)に因む.

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone