コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボロラン岩 ボロランがんborolanite

岩石学辞典の解説

ボロラン岩

メラナイト黒雲母ネフェリン閃長岩.顕晶質の火成岩で,基本的には正長石とメラナイト石榴(ざくろ)石からなり,ネフェリン,黒雲母,輝石を伴う.正長石とネフェリンの球状または楕円状の集合体が斑晶状になった特徴がある.ネフェリン閃長岩で10%以上のメラナイトを含む岩石である[Höne & Teall : 1892].英国スコットランド,サザーランドシャー(Sutherlandshire),アシント(Assynt)地方のロッホ・ボロラン(Loch Borolan)に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

ボロラン岩の関連キーワードレッドモア岩偽指紋構造

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android