コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボロース Borås

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボロース
Borås

スウェーデン南西部,エルブスボリ県にある都市。 1622年グスタフ2世アドルフにより建設された町で,現在もなお古い木造建築が残っている。伝統的な織物家内工業を背景に織物産業の近代化が進み,スウェーデン最大の織物と既製服中心地となっている。染物工業,メリヤス製品工場も多い。人口 10万 2387 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボロース
ぼろーす
Bors

スウェーデン南部、イョータランド地方西部の織物工業都市。人口9万7347(2001)。イョーテボリ市東方70キロメートルに位置し、織物、縫製などの工業で知られる。1622年グスタフ2世アドルフが建設。当時より織物手工業が盛んで、全国に行商が出ていた。20世紀に入り、鉄道が敷かれ近代織物工業が発達したが、1970年代以降は安価な輸入品に押され振るわない。織物研究所、図書館司書学校、カロリ教会などがある。[中島香子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android