コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボンゴ [bongo] ボンゴ

1件 の用語解説(ボンゴ [bongo]の意味・用語解説を検索)

音楽用語ダスの解説

ボンゴ [bongo]

縦長の胴をもつ太鼓で、ラテン・パーカッションの代表的な楽器。胴は木製やファイバー・グラス製で、打面ヘッドには子牛や鹿など動物の皮が使われる。両手のひらでヘッドを叩いて演奏するが、叩く位置や手の使い方によって、強弱や響きなどをコントロールする。また叩く以外に指先で皮をこすり、摩擦音を出すグリッサンド(Glissando)というテクニックも使われる。胴の大きさでいろいろな高さの音が出ることから、4~5台ものコンガセットして演奏するケースもあるが、普通は高音と低音の2台のコンガが使われる。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボンゴ [bongo]の関連キーワードダマルパーカッション櫓太鼓アッパーカット鉦や太鼓で探す太鼓を持つトムトム果て太鼓鉦太鼓で探す寄太鼓

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone