コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボンバルディア ダッシュ8 プロペラ旅客機 ぼんばるでぃあだっしゅ8ぷろぺらりょかくき/ぼんばるでぃあだっしゅえいとぷろぺらりょかくき Bombardier Dash8 regional transport

1件 の用語解説(ボンバルディア ダッシュ8 プロペラ旅客機の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

ボンバルディア ダッシュ8 プロペラ旅客機

ボンバルディアは雪上車など航空に関係ない事業会社だったが、1986年に小型のプロペラ旅客機のメーカーだったデハビランド・カナダ社を買収し、航空機の製造分野に進出してきた。ダッシュ8の原型-100(37客席)は1983年に初飛行した。原設計を踏襲し、エンジンを強化し、胴体と翼を延長して-200(37客席)/-300(50〜56客席)/-400(70客席)と成長してきた。YS-11リタイアしたので、日本での使用機数も37機に達している-400は省エネルギープロペラ機としては高速なので、高知〜大阪のような1時間程度の短区間ではジェット機と所要時間が数分しか違わないということでシェアを伸ばしてきていた。

(鳥養鶴雄 元日本航空機開発協会常務理事 技術士(航空機部門) / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボンバルディア ダッシュ8 プロペラ旅客機の関連キーワード航空法パビアブバルディア雪上車ロンバルディアコメディアエルディータバルディスの原則バルディセラ岩ボンバルディア胴体着陸事故

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone