コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボンバルディア ダッシュ8 プロペラ旅客機 ぼんばるでぃあだっしゅ8ぷろぺらりょかくき/ぼんばるでぃあだっしゅえいとぷろぺらりょかくきBombardier Dash8 regional transport

1件 の用語解説(ボンバルディア ダッシュ8 プロペラ旅客機の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

ボンバルディア ダッシュ8 プロペラ旅客機

ボンバルディアは雪上車など航空に関係ない事業会社だったが、1986年に小型のプロペラ旅客機のメーカーだったデハビランド・カナダ社を買収し、航空機の製造分野に進出してきた。ダッシュ8の原型-100(37客席)は1983年に初飛行した。原設計を踏襲し、エンジンを強化し、胴体と翼を延長して-200(37客席)/-300(50〜56客席)/-400(70客席)と成長してきた。YS-11リタイアしたので、日本での使用機数も37機に達している-400は省エネルギープロペラ機としては高速なので、高知〜大阪のような1時間程度の短区間ではジェット機と所要時間が数分しか違わないということでシェアを伸ばしてきていた。

(鳥養鶴雄 元日本航空機開発協会常務理事 技術士(航空機部門) / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone