コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボン掃天星図・星表 ボンそうてんせいずせいひょうBonner Durchmusterung

1件 の用語解説(ボン掃天星図・星表の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ボンそうてんせいずせいひょう【ボン掃天星図・星表 Bonner Durchmusterung】

F.W.アルゲランダードイツのボン天文台の口径72mmの望遠鏡を用いて観測し,可能なかぎりのすべての恒星の位置と明るさを記録した星図と星表。1859‐86年にかけて出版された。Durchmusterungは一つ残らずリストするという意味で,略してBD星表呼ばれる。赤緯-2゜以北の恒星32万個を記載し,のちに門弟が-23゜まで拡張,13.3万個を追加した。星は赤緯の1度の幅ごとに赤経の順に配列してあり,その番号は今も星の名まえとして用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のボン掃天星図・星表の言及

【アルゲランダー】より

…近代恒星表の基礎を確立したドイツの観測天文学者。メーメルに生まれ,ケーニヒスベルク大学に進み,F.W.ベッセルに師事して小惑星の研究から恒星表作製に進み,560個の星の正確な位置を記載した最初の近代的星表を発表した(1835)。1837年ボン天文台初代台長。43年には肉眼で見えるすべての星を記録した《Uranometria Nova》を出版した。引き続いて星表の作製に全力を注ぎ,9.5等より明るい恒星32万4000個を含む《ボン掃天星表》として知られている星表の第1部(赤緯-2゜以北)を完成した。…

※「ボン掃天星図・星表」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone