コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーデルシュウィンク ボーデルシュウィンクBodelschwingh, Friedrich von

1件 の用語解説(ボーデルシュウィンクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボーデルシュウィンク
ボーデルシュウィンク
Bodelschwingh, Friedrich von

[生]1831.3.6. ハウスマルク
[没]1910.4.2. ベテル
ドイツの牧師,社会事業家。農業経営を学び,のちに神学を修め,パリで補助牧師としてドイツ人浮浪者や失業者のために働き,その後ルール地方のデルビヒで牧師をつとめる (1864~72) 。4人の子供の死を通じて奉仕を決意し,ドイツ最初のてんかん患者の施設とディアコニッセ (奉仕女) の家,および兄弟の家を指導,これらはベテルの名で総称されるドイツのキリスト教社会福祉の一大中心地となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ボーデルシュウィンクの関連キーワードゴローニンメイランペドロ帰国事業と日本人妻在日朝鮮人の北朝鮮への帰還事業荒木寛畝ガイアナ喜撰気比神宮ゲベール銃

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone