コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボードゥアン[1世] Baudouin I

1件 の用語解説(ボードゥアン[1世]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ボードゥアン[1世]【Baudouin I】

1930‐ 
ベルギーの現国王(第5代)。1951年即位。レオポルド3世とアストリッド王妃(スウェーデン王女)の長子。第2次大戦中はドイツ軍の捕虜として父とともにオーストリアに幽閉される。50年,父王の復位をめぐるベルギーの国内の対立の中でいっしょに帰国したが,父は復位を断念し,皇太子ボードゥアンに国王大権を委譲した。翌年レオポルド王は退位し,ボードゥアンが即位。その後は,60年にスペインのファビオラ王妃を迎え,つとめて国民と接触しながら王制の信頼回復に努め,再三危機を迎えたベルギーの統合に貢献した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ボードゥアン[1世]の関連キーワードイザイエネルギー準位エネルギー代謝内部エネルギー熱エネルギーエネルギー学エネルギーレベル標準自由エネルギーエネルギー・レベルベルギー輓馬 (Belgian Draught)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone