コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボードゥアン[1世] Baudouin I

1件 の用語解説(ボードゥアン[1世]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ボードゥアン[1世]【Baudouin I】

1930‐ 
ベルギーの現国王(第5代)。1951年即位。レオポルド3世とアストリッド王妃(スウェーデン王女)の長子。第2次大戦中はドイツ軍の捕虜として父とともにオーストリアに幽閉される。50年,父王の復位をめぐるベルギーの国内の対立の中でいっしょに帰国したが,父は復位を断念し,皇太子ボードゥアンに国王大権を委譲した。翌年レオポルド王は退位し,ボードゥアンが即位。その後は,60年にスペインのファビオラ王妃を迎え,つとめて国民と接触しながら王制の信頼回復に努め,再三危機を迎えたベルギーの統合に貢献した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ボードゥアン[1世]の関連キーワード喜劇映画フランス映画ワールドカップ里見勝蔵スペリー熱雲映画理論カリブ文学新心理主義大衆文学

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone