コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボードゥアン[1世] Baudouin I

世界大百科事典 第2版の解説

ボードゥアン[1世]【Baudouin I】

1930‐ 
ベルギーの現国王(第5代)。1951年即位。レオポルド3世とアストリッド王妃(スウェーデン王女)の長子。第2次大戦中はドイツ軍の捕虜として父とともにオーストリアに幽閉される。50年,父王の復位をめぐるベルギーの国内の対立の中でいっしょに帰国したが,父は復位を断念し,皇太子ボードゥアンに国王大権を委譲した。翌年レオポルド王は退位し,ボードゥアンが即位。その後は,60年にスペインのファビオラ王妃を迎え,つとめて国民と接触しながら王制の信頼回復に努め,再三危機を迎えたベルギーの統合に貢献した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ボードゥアン[1世]の関連キーワード斎藤寅次郎清水宏五所平之助マキノ雅広小津安二郎エバハートキューカー島津保次郎スタンバーグ成瀬巳喜男

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android