コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーフル ボーフル Beaufre, André

2件 の用語解説(ボーフルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボーフル
ボーフル
Beaufre, André

[生]1902.1.25. フランス,オードセーヌ,ヌイイシュルセーヌ
[没]1975.2.13. ユーゴスラビアベオグラード
フランスの軍人。陸軍士官学校,陸軍大学卒業。 1938~39年モロッコの反乱平定に従軍。第2次世界大戦中は第1軍司令部作戦主任参謀。 40~41年アルジェリア国防長官ビシー政府に逮捕され,42年釈放後,自由フランス運動に参加。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボーフル
ぼーふる
Andr Beaufre
(1902―1975)

フランスの軍人、核戦略理論家。陸軍士官学校、陸軍大学で学ぶ。第二次世界大戦中はドゴール自由フランス軍に参加した。戦後はインドシナ戦争に従軍したのち1956年のスエズ戦争のフランス派遣軍司令官ヨーロッパ連合軍最高司令部参謀次長(1958)、北大西洋条約機構NATO(ナトー))フランス代表(1960)を歴任し、1961年退役した。退役後、戦史と戦略に関する多くの著作を著し、フランス独自の核戦力の必要を唱えてドゴールの外交と戦略の理論的支柱を提供した。[平瀬徹也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボーフルの関連キーワードフレンチオフランプフランス菊フランス窓フランス刺繍フランスソワールマンデスフランス銀座フランス屋ラスクフランスヴィ・ド・フランス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボーフルの関連情報