コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーフル ボーフルBeaufre, André

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボーフル
Beaufre, André

[生]1902.1.25. フランス,オードセーヌ,ヌイイシュルセーヌ
[没]1975.2.13. ユーゴスラビア,ベオグラード
フランスの軍人。陸軍士官学校,陸軍大学卒業。 1938~39年モロッコの反乱平定に従軍。第2次世界大戦中は第1軍司令部作戦主任参謀。 40~41年アルジェリアで国防長官。ビシー政府に逮捕され,42年釈放後,自由フランス運動に参加。チュニジアイタリア,フランス解放作戦に従軍。 50~54年仏印派遣軍副司令官,北大西洋条約機構 NATO戦術研究グループ長,56年スエズ遠征フランス軍団司令官,58年 NATO欧州軍参謀長などを経て,60年 NATO軍事代表委員会フランス代表となり,陸軍大将に昇任し退役。退役後,戦略研究所長となり戦略理論に関する研究に従事し,C.ドゴールが推進するフランスの核戦略を立案した。主著『抑止と戦略』 Dissuasion et stratégie (1965) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボーフル
ぼーふる
Andr Beaufre
(1902―1975)

フランスの軍人、核戦略理論家。陸軍士官学校、陸軍大学で学ぶ。第二次世界大戦中はドゴールの自由フランス軍に参加した。戦後はインドシナ戦争に従軍したのち1956年のスエズ戦争のフランス派遣軍司令官ヨーロッパ連合軍最高司令部参謀次長(1958)、北大西洋条約機構(NATO(ナトー))フランス代表(1960)を歴任し、1961年退役した。退役後、戦史と戦略に関する多くの著作を著し、フランス独自の核戦力の必要を唱えてドゴールの外交と戦略の理論的支柱を提供した。[平瀬徹也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ボーフルの関連キーワード[各個指定]工芸技術部門正岡子規熱雲サウド家シング(John Millington Synge)メリエスバルフォアコワニエサムスシャウプ

ボーフルの関連情報