ボールドウィン(読み)ぼーるどうぃん(英語表記)Stanley Baldwin 1st Earl Baldwin of Bewdley

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボールドウィン(Stanley Baldwin 1st Earl Baldwin of Bewdley)
ぼーるどうぃん
Stanley Baldwin, 1st Earl Baldwin of Bewdley
(1867―1947)

イギリスの政治家。鉄鋼業者の子として生まれ、ケンブリッジ大学を卒業後、家業に従事した。1908年保守党下院議員となり、1921年ロイド・ジョージ内閣の商務相に就任した。1922年カールトン・クラブでの演説が直接のきっかけとなって、保守、自由両党の連立が崩れ、保守党内閣が成立すると財務相を務め、1923年5月ボナ・ローの後を継いで首相となった。しかし同年11月の選挙で保護主義を掲げたために保守党の議席を減らし、最初の労働党内閣の誕生に道を開いた。1924年11月ふたたび首相の座につき、金本位制復帰を断行、1926年のゼネストでは危地に陥ったが、穏健派の労働組合指導者の切り崩しを図って成功した。1931年からのマクドナルド挙国一致内閣での枢密院議長を経て、1935年6月三たび首相となり、本格的な軍備強化に乗り出した。[木畑洋一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボールドウィンの関連情報