コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーン・ウィリアムズ Ralph Vaughan Williams

1件 の用語解説(ボーン・ウィリアムズの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ボーン・ウィリアムズ【Ralph Vaughan Williams】

1872‐1958
イギリスの作曲家。エルガーの後に続いてホルストらとともに20世紀におけるイギリス音楽復興の指導的作曲家である。ケンブリッジ大学ローヤル音楽院カレッジに学んだのち,1908年パリでM.ラベルに師事した。イギリス民謡の再発見と16世紀イギリス音楽への回帰がその作風の基盤となった。交響曲9曲を作曲したが,《海の交響曲》(第1番合唱付き。1909),《ロンドン交響曲》(第2番。1914),《田園交響曲》(第3番。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ボーン・ウィリアムズの関連キーワード岸信介内閣小樽(市)テレビドラマ人身売買新共和国連合上野山功一モノコックボディ高田(福岡県)光の科学史富岡製糸場

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボーン・ウィリアムズの関連情報