ポイス(読み)ぽいす(英語表記)Theodore Francis Powys

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポイス(Theodore Francis Powys)
ぽいす
Theodore Francis Powys
(1875―1953)

イギリスの小説家。作家ジョン・ポイスの弟。ドーセットシャーに住み、同地方の農村生活に材をとる。彼の小説は、田舎(いなか)の生活をごく素朴に物語るようでいて、実は「善と悪」、「愛と死」など、人生の根本問題についての哲学的、宗教的洞察を込めた「寓話(ぐうわ)」または「神話」にほかならない。代表作は『ウェストン氏のおいしい葡萄(ぶどう)酒』(1927)。ほかに短編集『左足』(1923)など。[小松原茂雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android