コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポスティング(入札)システム

1件 の用語解説(ポスティング(入札)システムの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ポスティング(入札)システム

海外に移籍できるFA(フリーエージェント)権を持たない日本選手が米国球団への移籍を希望した場合、所属球団の許可を受け、米国球団の入札により最高金額で落札した1球団と交渉ができる制度。日本の球団は日米のコミッショナーを通じて移籍希望選手がいることを大リーグ全30球団に知らせる。入札期間は米国で公示されてから4業務日以内。最高金額が所属球団に伝えられ、球団が了承すれば落札球団が選手と30日間の交渉権を得る。入札額が低くて日本の球団が納得しなかったり、30日間で契約できなかったりすると、その選手は日本でプレーすることになる。イチロー外野手や松坂大輔投手らがこの制度を使って移籍している。

(2011-12-09 朝日新聞 朝刊 1道)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ポスティング(入札)システムの関連情報