コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポスティング(入札)システム

1件 の用語解説(ポスティング(入札)システムの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ポスティング(入札)システム

海外に移籍できるFA(フリーエージェント)権を持たない日本選手が米国球団への移籍を希望した場合、所属球団の許可を受け、米国球団の入札により最高金額で落札した1球団と交渉ができる制度。日本の球団は日米のコミッショナーを通じて移籍希望選手がいることを大リーグ全30球団に知らせる。入札期間は米国で公示されてから4業務日以内。最高金額が所属球団に伝えられ、球団が了承すれば落札球団が選手と30日間の交渉権を得る。入札額が低くて日本の球団が納得しなかったり、30日間で契約できなかったりすると、その選手は日本でプレーすることになる。イチロー外野手や松坂大輔投手らがこの制度を使って移籍している。

(2011-12-09 朝日新聞 朝刊 1道)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポスティング(入札)システムの関連キーワードフリーエージェント自由契約選手エージェント指向クレームエージェントリージェント街リージェントストリートフリーエージェント(FA)サイバーエージェントフリーエージェント制AJAAF

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ポスティング(入札)システムの関連情報