コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポストホルン post horn

翻訳|post horn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポストホルン
post horn

金管楽器の一種。無弁の丸巻き,半月形またはまっすぐのホルンで,18~19世紀にヨーロッパ門衛郵便馬車御者によって使われた。ハ調の自然倍音の馬車用のものが,1914年までロンドンとオックスフォード間の定期馬車で使われていた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ポストホルン(Posthorn)

モーツァルトのセレナード第9番ニ長調の通称。1779年作曲。全7楽章。第6楽章でポストホルン(郵便馬車のラッパ)が用いられることに由来する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

ポストホルン

オーストリアの作曲家W・A・モーツァルトのセレナード第9番K320(1779)。全7楽章からなる大規模な管楽楽曲。『ポストホルン・セレナーデ』とも呼ばれる。題名は第6楽章でポストホルン(郵便馬車のラッパ)が用いられることに由来する。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

ポストホルンの関連キーワードバス(自動車)オーストリアコルネット金管楽器

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ポストホルンの関連情報