コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポストモダンマーケティング ぽすともだんまーけてぃんぐ

1件 の用語解説(ポストモダンマーケティングの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ポストモダンマーケティング

従来の「顧客志向分析」によるマーケティングを否定的にとらえ、新たな顧客のニーズを喚起し、創造していく戦略的マーケティング手法。アルスター大学の教授S・ブラウンが提唱した。従来の画一的なポジショニング、商品開発、価格戦略によるマーケティング手法を否定的に捉え、「限定販売」「意図的な情報流通の制限」によって、消費者の好奇心を刺激する形の新たなマーケティング戦略を提示している。顧客のニーズを満たすだけでなく、顧客の興味を長期的にとらえ続けるための心理的なセールスプロモーションを強調している点が大きな特徴。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポストモダンマーケティングの関連キーワードネットマーケティングマス・マーケティング地域別マーケティング関係性マーケティング顧客志向の企業ダイレクト・メール・マーケティングコンテクスト・マーケティングインダストリアルマーケティンググローバルマーケティングソーシャルマーケティング

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone