コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポスト・ハーベスト ポストハーベストpost harvest

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポスト・ハーベスト
ポストハーベスト
post harvest

農産物の害虫やカビの発生を防止するため,貯蔵や輸送など収穫後に農薬を散布すること。アメリカやヨーロッパ諸国などでは一般化している。日本では食品衛生法によって 26種の農薬に残留基準値が設けられている。しかし,農産物の大幅な輸入増を迫られるなかで,基準値のない農薬や農産物は輸入時の検査対象になっていないため,安全性が問題視されている。 1993年産米の凶作による大量のコメの緊急輸入の際には,厚生省食糧庁が輸入米の安全性について,輸出国と日本での陸揚げ時に検査を行なったほか,アメリカからの輸送には冷蔵船を使用するなどして,ポスト・ハーベスト問題に対応した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ポスト・ハーベストの関連キーワード輸入食品の安全性チアベンダゾール貯蔵病害残留農薬OPP

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android