コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポスト京都議定書の新体制作り

1件 の用語解説(ポスト京都議定書の新体制作りの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ポスト京都議定書の新体制作り

先進国に温室効果ガスの排出削減を義務づけた京都議定書は、第1約束期間(2008~12年)が終了。欧州連合(EU)など一部が削減義務を継続して負う第2約束期間(13~20年)に入ったが、日本やロシアなどが義務延長を拒み、空洞化が進んだ。一方で各国は11年、京都議定書に参加しなかった米国や削減義務を負っていなかった新興国や途上国も含め、すべての国が参加する新しい枠組みを作ることに合意した。15年末までに制度設計を詰め、20年からの移行を目指す。それまでは10年に採択された「カンクン合意」に基づき、各国が自主的に削減努力を続ける。

(2013-05-05 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone