コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポッツォ・ディ・ボルゴ ポッツォ・ディ・ボルゴ Pozzo di Borgo, Carlo Andrea

2件 の用語解説(ポッツォ・ディ・ボルゴの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポッツォ・ディ・ボルゴ
ポッツォ・ディ・ボルゴ
Pozzo di Borgo, Carlo Andrea

[生]1764.3.8. アラタ
[没]1842.2.15. パリ
ロシアの外交官。コルシカ島の貴族の家に生れた。フランス革命コルシカ選出議員として活躍したが,ナポレオン1世のコルシカ政策と対立して,イギリス,次いでロシアと接触。皇帝アレクサンドル1世の片腕として活発な外交活動を行い,一貫して反ナポレオン的態度をとった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポッツォ・ディ・ボルゴ
ぽっつぉでぃぼるご
Carlo Andrea Pozzo di Borgo
(1764―1842)

フランス、コルシカの貴族、政治家。のちロシアの外交官。フランス革命後コルシカ選出議員としてパリで活躍したが、ナポレオン軍のコルシカ占領とともにイタリアに逃れ、イギリスさらにウィーンを経て、1804年ロシアの外交官となった。ナポレオン支配に反対し、ナポレオン敗退後ウィーン会議(1814~15)に出席した。21年からは駐仏大使としてブルボン朝とロシアとの協調関係の確立に努めた。35~39年駐英大使。パリで没した。[栗生沢猛夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポッツォ・ディ・ボルゴの関連キーワード鈴木新改む人改め荒妙の灼たか悔改める船改めアラタ体ホルモン野心あらためず 日高見国伝大越新

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone