ポテブニャ(読み)ぽてぶにゃ(英語表記)Александр Афанасьевич ПотебняAleksandr Afanas'evich Potebnya

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポテブニャ
ぽてぶにゃ
Александр Афанасьевич Потебня Aleksandr Afanas'evich Potebnya
(1835―1891)

ウクライナの言語学者、スラブ学者。いわゆる「ハリコフ言語学派」の指導者。ただし、その仕事は、一般言語学、ロシア語学、ウクライナ語学、スラブ方言学、比較歴史文法だけでなく、文学理論、民俗学、民族学にも及んでいる。一般言語学の分野ではおもに言語と思考、言語と民族、言語の起源の問題を扱っているが、この分野での主著『思考と言語』(1862)や、『文学理論ノートより』(1905)に含まれた詩的言語論は、ロシアのシンボリストあるいはフォルマリストにさえも少なからぬ影響を与えている。ロシア語関係の主著としては『ロシア文法ノートより』全四巻(1874~1941)があげられる。[桑野 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android