コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポトツキ Potocki, Wacław

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポトツキ
Potocki, Wacław

[生]1621
[没]1696.7.9.
ポーランドの詩人,ポーランド同胞教団員。対抗宗教改革の結果,亡命か改宗かの選択を迫られ,やむなくカトリックに改宗。約 30万行を作詩,なかでも『ホチムの戦い』Wojna chocimska(1670)は有名。大部分の詩は 180年後に初めて公刊。

ポトツキ
Potoccy, Ignacy

[生]1750.2.28.
[没]1809.8.30. ウィーン
ポーランドの政治家。 1773年国民教育委員会に参加。 81~84年ポーランド・フリーメーソンの大親方となる。 90年からプロシアと結んで国制改革をはかり,『五月三日憲法』を起草。ロシア軍の進駐後ドレスデンに避難,H.コウォンタイ,T.コシチューシコとともに蜂起を計画し,実行。 94年ワルシャワ陥落後,ペテルブルグ幽閉,2年後釈放された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android