コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポピーシード poppy seed

翻訳|poppy seed

大辞林 第三版の解説

ポピーシード【poppy seed】

ケシの種子。パンや和菓子・料理の飾りに用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポピーシード
ぽぴーしーど
poppy seed

ケシ(罌粟(けし)、芥子(けし))の実。昔から料理、菓子などの香味づけに使われてきた。ケシの未熟な果実にはアヘンが含まれているが、熟したのちにできる種子ポピーシードには麻薬性はない。種子の色は白色、青色、黒色とさまざまだが、黒いものが多く、煎(い)ったり焼いたりすると香ばしい香りを出す。パン、クッキー、巻き菓子、ケーキなどの焼き菓子に、また粉末にしてコーヒーケーキやパイの詰め物にも用いられる。種子は油を50%以上も含むので、食用油、また油絵の具用のけし油として使われる。[齋藤 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ポピーシードの関連キーワード香辛料和菓子けしケシ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ポピーシードの関連情報