コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポプラ社小説大賞(読み)ぽぷらしゃしょうせつたいしょう

知恵蔵の解説

ポプラ社小説大賞

児童書出版を主とするポプラ社が、2006年から10年まで、全5回実施した新人作家発掘のための文学賞。創設時には、大賞2000万円という破格の賞金と、社内編集部員(十数名)による選考という独自の制度が話題になった。高額賞金は、同社によると「新しい才能への投資」ということだが、同社の大人向け文芸書への本格展開を広くアピールするのも大きな目的。未発表のエンターテインメント小説であれば、ジャンルは問わないため、第1回は2746作品の応募があった。ただし、その第1回こそ、大賞に『3分26秒の削除ボーイズ―ぼくと春とコウモリと―』(方波見大志)が選ばれたが、第2・3回は大賞の該当作品がなく、第4回にいたっては、優秀賞(大賞に次ぐ賞)も選ばれなかった。
本賞が話題になったのは、10年10月31日に発表された第5回の大賞作品『KAGEROU』である。1285の応募作の中から選ばれた本作の作者齋藤智裕が、人気俳優の水嶋ヒロであることが分かり、また受賞前に所属事務所を電撃退社していたこともあって、マスコミの大きな注目を集めた。さらに2000万円の賞金を辞退したことや、ネットや週刊誌で「出来レース」などというバッシングが起こったことから、話題が沸騰。12月15日の発売を前に、40万冊を超える予約注文が殺到した。発売後は、その独特の文体・表現にも話題が集まり、評論家の評価は分かれたものの、通販サイトAmazonでは、星1つの酷評レビューが殺到する「炎上」状態になった。しかし、発売からわずか2週間で、発行部数100万部超。新人の小説としては異例のベストセラーになった。日販マーケティング本部によると、ベストセラーを追う読者が主な購買者で、年代性別では40代女性が最多だったとのこと。なお同社によると、同文学賞は所期の目的が果たされたとして、11年度から「ポプラ社小説新人賞」(大賞の賞金は200万円)に継承される。

(大迫秀樹  フリー編集者 / 2011年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ポプラ社小説大賞の関連情報