コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポランニー ぽらんにーJohn Charles Polanyi

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポランニー(John Charles Polanyi)
ぽらんにー
John Charles Polanyi
(1929― )

カナダの化学者。ドイツのベルリンに生まれる。父は物理化学者(のち社会科学者)のミヒャエル(マイケル)・ポランニー、伯父(おじ)は経済学者のカール・ポランニーである。1933年イギリスに移住、マンチェスター大学で化学を学び、1949年に卒業、1952年同大学で博士号を取得した。その後、カナダ国立研究評議会研究所の研究員、プリンストン大学の研究助手を経て、1957年トロント大学の准教授となり、1960年上級准教授、1962年教授に昇格した。カナダ自然科学者・人文科学者委員会の設立メンバーで、その委員長も務めている。また1989年(平成1)から1992年まで岡崎国立共同研究機構分子科学研究所の名誉顧問を務めた。
 ポランニーは、化学反応がどのような力によって引き起こされるかを研究した。気体放電によって、水素原子と塩素分子から塩化水素が生じる化学反応を詳細に調べた結果、反応のエネルギーが分子の振動および回転の形に蓄積される割合の測定に成功した。この化学ルミネセンスを用いた測定値はD・R・ハーシュバックとY・T・リーが研究を進めていた分子線交差法による測定値と一致していた。彼の化学ルミネセンスの研究は、のちに化学レーザーを生み出す基礎理論となった。ポランニーは、ハーシュバックおよびリーとともに「化学反応の素過程の動力学的研究」に貢献したとして、1986年のノーベル化学賞を受賞した。[編集部]
『J・I・スタインフェルド他著、佐藤伸訳『化学動力学』(1995・東京化学同人)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ポランニーの関連キーワードポランニー(Michael Polanyi)ポランニー(Karl Polanyi)リー(Yuan Tseh Lee)分子線

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ポランニーの関連情報