コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポリオとPPS

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ポリオとPPS

ポリオは、ウイルスが口から脊髄(せきずい)の一部に入り、発熱・下痢などの症状が続いたあと、手足がまひする感染症患者は1960年に国内で5千人を超えたが、81年以降、自然感染の患者は出ていない。ポリオ経験者のうち、中高年になって強烈な体の痛みや疲れ、筋力低下の症状が現れるのがPPS。小児期にまひした手足とは反対の部位に症状が出ることもある。筋電図診断で神経の脱落が読み取れることが多い。

(2014-06-25 朝日新聞 朝刊 2道)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android