コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポルドペ Port-de-Paix

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポルドペ
Port-de-Paix

西インド諸島中部,ハイチ北西部の都市。首都ポルトープランスの北北西約 170km,大西洋にのぞむ港湾都市。沖合いにあるトルチュ島からイギリス人によって追放されたフランス人海賊が 1665年建設。 79年最初の黒人奴隷の反乱が起った町として知られる。一時は植民地の首都となり,19世紀に繁栄したが,1902年大火によってほぼ全壊。現在コーヒー,バナナ,サイザルアサ,タバコ,イネカカオなどの栽培が主産業で,港はそれら農産物の積出港となっている。漁業も行われる。人口1万 7633 (1982推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android