コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポル・ポト政権と特別法廷

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ポル・ポト政権と特別法廷

故ポル・ポト元首相が率いた政権が1975年に実権を握り、極端な共産主義政策のもと、都市住民や知識層を農村に強制移住させ、強制労働や拷問、虐殺を繰り返した。政権が崩壊した79年までに、病気や餓死を含め人口の2~3割にあたる約170万人が犠牲になったとされる。その責任を明らかにするため、国連とカンボジア政府が共同でプノンペンに特別法廷を立ち上げ、2006年に運用を始めた。二審制で検察官と裁判官はカンボジア人と外国人で構成。想定された四つの事件のうち、プノンペンの収容所で1万人以上が拷問・虐殺された第1事件は元収容所長への終身刑が確定した。

(2014-08-08 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

ポル・ポト政権と特別法廷の関連キーワード賄賂罪請託アッタロス[1世]津野[町]職権濫用罪フラミニヌスアッタロスアッタロス1世アッタロス朝アルビヌス

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android