コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポロス島 ポロスとうNísos Póros

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポロス島
ポロスとう
Nísos Póros

ギリシア,エーゲ海西部にある島。サロニコス湾南部,アルゴリス半島東端に近接して位置する。中心集落ポロス。古代にはカラウリア Kalauriaと呼ばれ,前 322年デモステネスが逃れてきて服毒自殺をした地として知られる。前6世紀建設のポセイドン神殿の遺跡があり,アテネ市民の行楽地となっている。面積 23km2。人口約 5000。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ポロス‐とう〔‐タウ〕【ポロス島】

PorosΠόρος》ギリシャ南部、サロニコス湾の島。サロニコス諸島に属し、ペロポネソス半島に最も近い。実際には狭い水路で隔てられたカラブリア島とスフェリア島の大小二つの島からなる。主な町はポロス。紀元前6世紀のポセイドン神殿ビザンチン様式の宗教画が見られるゾードホスピギ修道院が残っている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ポロス島の関連キーワードペロポネソス半島スフェリア島カラブリア島Pōrosギリシア