コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポンチアヌス Pontianus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポンチアヌス
Pontianus

[生]?. ローマ
[没]236頃. サルジニア
ローマ出身の第18代教皇(在位 230~235)。聖人。ローマ教会会議を招集し,アレクサンドリア派の神学者オリゲネスを糾弾。235年,ローマ皇帝マクシミヌスによるキリスト教迫害のなか,対立教皇ヒッポリツスとともにサルジニア島の鉱山に追放された。同地でヒッポリツスと和解。235年9月,アンテルスに教皇位を譲り,退位した最初の教皇となった。ヒッポリツスの死後まもなく世を去ったが,2人の死は強制労働による殉教と考えられている。1909年,ローマの聖カリクスツスの墓地でポンチアヌスの墓碑銘が発見された。祝日は 8月13日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ポンチアヌスの関連キーワードサルジニア

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android