コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポンド危機ポンドアタック

1件 の用語解説(ポンド危機ポンドアタックの意味・用語解説を検索)

外国為替用語集の解説

ポンド危機ポンドアタック

1992年の欧州通貨危機。90年代に入りイギリスの経済状況は他の欧州各国に比較して低迷しており、英国政府は、金利を切り下げるべき選択に迫られていた。それはポンドの下落を意味するものであり、ERMからも撤退することとなる。この事態に対してジョージ・ソロスは、92年9月15日、70億ドル相当のポンドを売り浴びせるイングランド銀行は9月16日、金利を10%から15%に上げ、ポンド買い介入で応戦したがポンドは暴落。その夜、イギリスはERMからの撤退を表明、17日に金利は10%に戻された。同日イタリアもERMから撤退を発表。

出典|(株)マネーパートナーズ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポンド危機ポンドアタックの関連キーワードECU欧州通貨単位UCEMCF欧州通貨機関欧州通貨協定欧州通貨制度EMS(European Monetary System)欧州通貨危機韓国通貨危機

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone