ポートハーコート(英語表記)Port Harcourt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポートハーコート
Port Harcourt

ナイジェリア南部の港湾・工業都市。ギニア湾の内陸約 20km,ニジェール川デルタ東部,ボニー川河岸に位置。マングローブの茂る湿地帯にあり,高温多湿。 1912年エヌーグー炭田の石炭積出港としてイギリスが建設,16年に同炭田と鉄道で結ばれ急速に発展。同国第2の港で,石炭のほかニジェール川デルタや沖合いの石油,ジョス高原のスズ,パーム油,パーム核,コプラ,カカオ,ナンキンマメなどを輸出。近代工業の一大中心地であるトランスアマディ工業団地を擁し,セメントアルミニウム,たばこ,石油精製,タイヤなどの工場がある。人口 36万 1800 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ポート‐ハーコート(Port Harcourt)

ナイジェリア南部の都市。リバーズ州の州都。ニジェール川デルタのボニー川沿いに位置する。第一次大戦中、内陸部と鉄道で結ばれ、エヌグの石炭やジョスのスズの積出港として発展。石油精製業をはじめ、同国有数の工業都市になった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android