コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイクロセルリアクター マイクロセルリアクター micro cell reactor

2件 の用語解説(マイクロセルリアクターの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイクロセルリアクター
マイクロセルリアクター
micro cell reactor

酵素や微生物動植物細胞など生体触媒を利用して物質を生産するバイオリアクター技術を発展させた,人工細胞による生産システム通産省が 1989年度から 10年計画で機能性蛋白質集合体応用技術プロジェクトスタートさせ,実用化を目指している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

マイクロセルリアクター【microcell reactor】

生物の細胞のように、人工膜に酵素などのタンパク質を組み込み、連続した生化学反応によって目的物質を生産させる仕組み。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マイクロセルリアクターの関連キーワードプロトプラストバイオリアクター酵素剤多細胞生物微生物学生物電池ブランチング微生物殺虫剤マイクロマニピュレーター佐藤文彦

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone