コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイクロ・メインフレーム結合 マイクロ・メインフレームけつごう micro to mainframe link; MML

1件 の用語解説(マイクロ・メインフレーム結合の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイクロ・メインフレーム結合
マイクロ・メインフレームけつごう
micro to mainframe link; MML

パソコンやワークステーションとメインフレーム・コンピュータとを LANなどを介して接続し,データを共有させたり,処理を分担させたりする形態を指す。パソコンやワークステーションは,ユーザーとのインターフェース機器としてデータの加工,表示や文書の作成などを行ない,一方,メインフレーム・コンピュータは,データベースの保持,大規模演算,高速出力などを担当する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マイクロ・メインフレーム結合の関連キーワードグラフィックスワークステーションドッキングステーションメインフレームワークステーション需要インフレーションエンジニアリングワークステーションデジタルオーディオワークステーションビジュアルワークステーションインフレーション(インフレ)消費インフレーション

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone