コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイポ[川] Río Maipo

世界大百科事典 第2版の解説

マイポ[川]【Río Maipo】

チリ中部の主要河川。アンデス山脈にあるマイポ火山(標高5323m)の山麓に発し,はじめ北西,次いで西に流れサン・ベルナルドを通り,平野部中央でサンチアゴを流れてきたマポチョ川と合流し,サン・アントニオの南で太平洋に注ぐ。肥沃なこの地域の灌漑用水として用いられるほか,上流には発電所もある。全長約250km。サンチアゴ南西の上記合流点近くで戦われたマイプ(マイポの古名)の決戦(1818)はチリの独立を決する戦いであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android