コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイヤーホフ Otto Fritz Meyerhof

百科事典マイペディアの解説

マイヤーホフ

ドイツ生れの生化学者。キール大学講師等を経てハイデルベルクのカイザー・ウィルヘルム医学研究所生理学部長。1938年ナチスに追われて渡米し,ペンシルベニア大学教授となる。筋収縮に伴う乳酸発生の研究で,1922年ノーベル生理医学賞。その後も,解糖作用のエムデン=マイヤーホフ=パルナス経路の解明やATPの研究等,多くの業績をあげた。
→関連項目オチョア

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

マイヤーホフの関連キーワードアルヒバルド・ビビアン ヒルペントースリン酸経路合田 得輔乳酸発酵発酵ヒル

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android