コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マウマウ団 マウマウだん

大辞林 第三版の解説

マウマウだん【マウマウ団】

1950年代、英領ケニアで反英武力闘争を行なったキクユを中心とする民族運動組織。後のケニア独立運動に大きな影響を与えた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

マウマウ団

1942年にケニア最大民族のキクユ族が中心となって結成。52年に武装化し、植民地政府と激しく戦った。反乱は60年に鎮圧されたが、結果として63年の独立を促した。ケニア人権委員会によると約8万人が拘束されたが、軟禁状態を含めると150万人に上る。死者数は1万人から10万人までの推計がある。

(2012-10-19 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

マウマウ団の関連キーワード強制収容所秘密結社ングーギマウマウウガンダクラブキクユ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android