マウント・ゴックス

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

マウント・ゴックス

ビットコインの売買をネット上で仲介する私設の取引所。フランス人のマルク・カルプレス氏が2011年、米国人起業家から買い取った。売買の際に利用者から得る手数料が主な収入。顧客の大半は外国人で、日本人は1%程度だった。取引量は一時、世界のビットコインの7割を超え最大規模で、110万を超える口座が登録されていた。

(2014-04-17 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マウント・ゴックスの関連情報