コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マオナガ Alopias vulpinus; thresher

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マオナガ
Alopias vulpinus; thresher

ネズミザメ目オナガザメ科の海水魚。全長 7m内外であるが,尾鰭の長さがその 2分の1以上を占める。体は紡錘形で,背面,側面および各鰭は青黒く,腹面は白い。胎生。胎仔数はサメ類では少なく,2~6尾を出産する。魚食性。南日本,全世界の温帯・熱帯海域に分布する。肉は練製品の原料となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のマオナガの言及

【オナガザメ】より

…その名のとおり長い尾びれをもつ。日本近海にはマオナガAlopias vulpinus(イラスト),ニタリA.pelagicus,ハチワレA.superciliosusの3種がいる。3種とも全世界の暖海部に分布するが,マオナガとニタリは沿岸の表層域,ハチワレは外洋の深海域に生息する。…

※「マオナガ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マオナガの関連キーワード尾長鮫

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android