コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マカオン マカオン Machaōn

1件 の用語解説(マカオンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マカオン
マカオン
Machaōn

ギリシア神話の英雄。医神アスクレピオスの息子で,テッサリアに領国をもっていたが,兄弟のポダリリオスとともに 30艘の船団を率いてトロイ遠征に加わり,父神より受継いだ医術の才能を生かして,ギリシア軍の勝利に不可欠の貢献をした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のマカオンの言及

【フィロクテテス】より

…トロイア戦争の際,彼は7隻の軍船を率いて敵地に向かったが,途中,テネドス島で毒蛇に足をかまれ,その傷が化膿してひどい悪臭を放つに至ったため,ひとりレムノス島に置き去りにされた。しかし10年後,捕虜となった敵の予言者ヘレノスHelenosから,トロイアはヘラクレスの弓なくしては陥落しない定めにあると聞き及んだギリシア軍は,オデュッセウスとディオメデス(またはアキレウスの遺子ネオプトレモス)をレムノス島に派遣,二人に伴われてトロイアに着いたフィロクテテスは,まず名医マカオンMachaōnに傷をいやされたあと,戦争の原因をつくった敵将パリスを射殺したという。この話はアイスキュロス,ソフォクレス,エウリピデスの三大悲劇詩人によって劇化されたが,ソフォクレスの《フィロクテテス》(前409上演)のみが現存している。…

※「マカオン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マカオンの関連キーワードアスクレピオスケイロンヒュギエイアボレアスギリシャ神話アスクレピオスの遺跡Ασκληπιείονヒギエア《アスクレピオス》アスクレピオス神殿

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone