コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マガリバナ(歪り花) マガリバナIberis amara; rocket candytuft

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マガリバナ(歪り花)
マガリバナ
Iberis amara; rocket candytuft

アブラナ科の一年草。地中海地方の原産で,明治初期に観賞用として渡来し花壇や鉢植として普及した。は直立し,高さは 15~30cmで稜がある。葉は無柄で互生し,長いへら形で先は鈍頭,縁には不規則なあらい鋸歯がある。6~8月に,茎の頂部に総状花序をなし,紫紅色や白色の十字花を密生する。4片の花弁は内側の2片が小さく,外側の2片は大きい。和名マガリバナはこのことに由来するが,最近はあまり使われず,英名キャンディタフトと呼ばれることが多い。短角果は扁平で円形,先は2裂してとがる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マガリバナ(歪り花)の関連キーワードアブラナ科

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android