マキノ 光雄(読み)マキノ ミツオ

20世紀日本人名事典の解説

マキノ 光雄
マキノ ミツオ

昭和期の映画プロデューサー 東映専務。



生年
明治42(1909)年11月15日

没年
昭和32(1957)年12月9日

出生地
京都府京都市西陣

本名
多田 光次郎

旧姓(旧名)
牧野

別名
前名=マキノ 満男,牧野 満雄

学歴〔年〕
同志社中〔昭和2年〕中退

経歴
日本映画の父といわれた牧野省三の二男で、昭和4年父が亡くなると母親らとともにマキノ映画の経営を担当。同社が消滅すると日活東京に移ったが、マキノ映画時代、ストライキで争議団側に回った兄・正博(のち雅裕 雅広と改名)と相争ったこともある。13年日本軍制圧下の中国・満州に渡って満州映画協会(満映)に入り、製作部長に就任。この間、10年女優の星玲子と結婚。東京支社付を経て、19年松竹撮影所に移籍。戦後は東横映画の創立に参加し、同社が東映映画になってからは常務、のち専務兼企画本部長として時代劇・現代劇とも劇映画の製作に大いに腕をふるい、東映の全盛時代を招いた。終戦前の製作作品に「五人の斥候兵」「土」、戦後は「ひめゆりの塔」「米」「きけわだつみの声」「笛吹童子」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

マキノ 光雄 (まきの みつお)

生年月日:1909年11月15日
昭和時代の映画プロデューサー。東映映画専務兼企画本部長
1957年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android