マクシム ゴーリキー(英語表記)Maksim Gor’kii

20世紀西洋人名事典「マクシム ゴーリキー」の解説

マクシム ゴーリキー
Maksim Gor’kii


1868.3.28 - 1936.6.18
ソ連の作家。
ニジニ・ノブゴロド生まれ。
本名アレクセイ・マクシモヴィチ・ペシコフ〈Aleksei Maksimovich Peshkov〉。
幼児に両親を失い職業を転々とし、国内放浪中の1892年、処女作「マカール・チュドラ」をマクシム・ゴーリキー筆名で発表。1901年発表の「海燕の歌」では迫り来る革命の嵐を予言し、同年の戯曲「小市民」では劇作家としても名声を得る。’02年科学アカデミー名誉会員に推薦されたが、皇帝から拒否される。’06年アメリカに亡命し、’13年の大赦で帰国。その後、’21年から肺結核の療養のため、イタリアとソ連を往復し、’33年帰国。’34年ソ連作家同盟結成に尽力。作品は他に「幼年時代」(’13年)、「母」(’07年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android